通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

集合管

辞書:科学用語の基礎知識 生物学・器官名称編 (BBORGN)
読み:しゅうごうかん
外語:Collecting duct 英語
品詞:名詞
2005/01/01 作成
2008/08/18 更新

泌尿器の一つネフロンの一端で、ネフロンで生成された尿は集合管へと集められる。

複数の遠位尿細管が結合したものともいえる。腎臓の髄質にある。

集合管に至るまでに原尿の99%は再吸収されている。

集合管では抗利尿ホルモン(ADH)の制御により尿素の再吸収を行ない、尿は更に数倍に濃縮される。

尿崩症ではここでの濃縮能力が障害を来しており、このため本来なら吸収されねばならない水分が吸収されない。

こうして作られた最終的な尿は腎杯を通り腎盂に集められ、尿管を通って膀胱に貯められた後、尿として排泄される。

器官の所属
腎臓
ネフロン
尿細管
関連する器官
遠位尿細管
関連する物質
抗利尿ホルモン

原尿
尿素
尿
尿崩症

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club