通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

排泄

辞書:科学用語の基礎知識 生物学編 (BBBIO)
読み:はいせつ
外語:excretion 英語 , ekskreci/o エスペラント
品詞:名詞
2008/10/29 作成
2013/05/19 更新

生物が、老廃物等(不要であるか、または有害・有毒であるもの)を体外に出すこと。なお、泄の字が常用漢字から漏れたため、学術的には排出と書かれる。

定義

排泄そのものは、学術的には定義されていないようである。生物は、食物や養分などを体外より得る。不要物は体外に出すが、これを一般に排泄という。

但し、汗やといった単発的ないし特定状況においてのみ出される場合は、あまり排泄とは言われない。体内に一定量が蓄えられ、それが一定量まとめて定期的に体外に出される場合を、排泄ということが多いようである。

なお、出すこと(放出すること)自体に何らかの目的がある場合、これは分泌といい排泄とは区別される。しかし、その線引きは難しいことも多い。

種類

哺乳類は、糞と尿の二種類が排泄され、人間のものの場合は大便小便とも呼ばれる。

この二種類は、固さや液体かどうかで判断しているのではなく、排泄する場所で区別する。哺乳類の場合、この二種類は排泄場所が明確に違うため、明確に区別可能である。

一方、鳥類昆虫などは、体の構造から排泄口が一つしかないため、大便・小便の区別はない。従って、これは単に「排泄物」または「糞」(ふん)と呼ぶ。

鳥や昆虫の場合、小便相当を運ぶ管が腸管に開口し便と共に出す。考え方を変えれば、大便をする構造は持つが小便をする構造を持たないため、鳥や昆虫は小便をしないともいえる。

植物

植物は、より水と養分を得る。

不要な水分より放出されるが、それ以外の物質を外部に放出する機構は持っていない。

不要物を特定の葉に集めて枯れ葉として落とすとする説もあるが、一般には無害な塩として体内に蓄えられる。

昆虫

昆虫の場合、尿はマルピーギ管で作られるが、尿管の開口位置は腸の後ろであるため、糞と共に排泄される。

ちなみに、蝉の小便として知られる液は、樹液から必要な栄養分を取った残りの水分である。このため、これは尿というよりは、むしろ便と呼ぶべきである。

哺乳類

哺乳類は、二つの系統で体外に不要物を排泄する。

より得た食物から栄養を吸収し、その残滓を腸管微生物と共に体外に排泄する糞(大便)と、吸収された物質が体内を巡り、腎臓より作られ体外に排泄される尿(小便)とに分けられる。

糞は、腸で吸収できなかった食品の残滓が主で、その他に腸内細菌などが含まれる。この残滓は、腸内細菌にとっては益であるため、「糞は排泄物ではない」なる不思議な論説もあるらしいが、その哺乳類自体には不要であり排泄する以上、糞は排泄物以外の何者でもないだろう。

関連する用語
排泄物
生物
新陳代謝

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club