通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

辞書:科学用語の基礎知識 地質学編 (NGEO)
読み:かみなり
読み:いかずち
外語:thunder 英語 , tondr/o エスペラント
品詞:名詞
2014/11/06 作成

電気を帯びたと、他の雲または地面との間の放電によって生じる自然現象。《季 夏》

雷では可視光線赤外線紫外線などを放射する。この電光(可視光)を「稲妻」という。

また雷では音波も発生し、この音を「雷鳴」という。

雷が生じる時はが降ることが多いが、この雨を「雷雨」という」。

電光と雷鳴はほぼ同時に生じるが、光は光速で伝播するのに対して、音はそれより遅い音速でしか伝播しないため、光と音の間の時間を測ることで、雷の距離を概算することができる。

関連する用語
電気

誘導雷
雷神

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club