通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

電気伝導率

辞書:科学用語の基礎知識 電子用語編 (NELECY)
読み:でんきでんどうりつ
外語:electrical conductivity 英語
品詞:名詞
2011/06/10 作成
2021/02/18 更新

物質中における電気伝導のしやすさ。理学分野では(電気)伝導率というが、工学分野では導電率と呼ぶことが多い。

目次

電気伝導率/導電率の記号は殆どの分野で「σ」(ギリシャ文字のシグマ)を使う。ただし電気工学分野では例外的に、σだけでなく「κ」や「γ」(ギリシャ文字のカッパまたはガンマ)を使用することもある。

国際単位系(SI)では、ジーメンス毎メートル(S/m)である。

長さℓ、断面積Aとした一様な導体の抵抗Rは、次の式で表わされる。

R=ρ×ℓ/A

この時の比例定数ρを電気抵抗率または比抵抗といい、その逆数が電気伝導率/導電率である。

従ってこれを式で表わせば、次のようになる。

σ=1/ρ

ここから、電気伝導率が大きいほど抵抗が小さくなることが分かる。

関連する用語
電気抵抗率

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club