通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

Σ

辞書:文化用語の基礎知識 言語編 (LLN)
読み:シグマ
外語:Σ: sigma 英語
品詞:慣用単漢字
2009/01/17 作成
2009/02/15 更新

ギリシャアルファベット第18字。大文字Σ、小文字σ/ς。ラテンアルファベットS/sに対応する。

  • 名称
    • 古代: σῖγμα (シーグマ)
    • 現代: σίγμα (シグマ)
    • 慣用: sigma (シグマ)
  • 音価
    • 古代: [s]
    • 現代: [s]
  • 対応ラテンアルファベット: s

科学

  • 数学でΣは、数列の和(総和)を表わす記号
  • 数学でΣは、座標系を表わす記号
  • 数学では、積分記号 (∫はΣを縦に伸ばした記号)
  • 統計学でσは、標準偏差を表わす記号

科学

情報処理

  • 情報産業分野でΣは、重大な禁句の一つ

その他

  • AAでΣは、漫符の一種で、驚いた状況の表現に使われる

電算処理では、次のような符号位置を使う。

Σ (GREEK CAPITAL LETTER SIGMA)
σ (GREEK SMALL LETTER SIGMA)
ς (GREEK SMALL FINAL SIGMA)

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club