通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

S

辞書:文化用語の基礎知識 言語・ラテン編 (LLNLA)
読み:エス
外語:S ラテン語
品詞:名詞
2009/01/16 作成
2013/09/17 更新

ラテンアルファベット第19字。大文字S、小文字s。ギリシャアルファベットΣ/σに相当。

用途

音素 /s/ を表わす文字として使用されることが多い。英語では /z/ 音にも使われる。

ギリシャ文字のΣ/σの影響を受けている。同様に影響を受けたキリル文字はС/сである。

呼称

  • エス[es] ラテン語、フランス語、ドイツ語、英語
  • エッセ[esse] イタリア語
  • ソー[soː] エスペラント

科学

通信

運輸・交通

文化・芸術

  • 色の三原色(HSV)のSは、彩度(飽和度)(Saturation)
  • 英語でSは、主語を表わす符号 (S→V→O→C)

その他

  • 方角でSは、東西南北のうち、南(South)
  • 日本のプロ野球でSは、東京ヤクルトスワローズ
  • 元号の英表記Sは、昭和
  • 衣服のサイズでSは、小型のもの(Small) (小さい順に、S→ML)
  • 金融業界でSは、ショート (投資物資の売り立て、空売り)
  • SMのSは、サド

電算処理では、次のような符号位置を使う。

S (LATIN CAPITAL LETTER S)
s (LATIN SMALL LETTER S)
S (FULLWIDTH LATIN CAPITAL LETTER S)
s (FULLWIDTH LATIN SMALL LETTER S)

ダイアクリティカルマーク

  • Ś ś ‐ アキュートアクセント
  • Ŝ ŝ ‐ サーカムフレックス
  • Ş ş ‐ セディーユ
  • Š š ‐ キャロン/ハーチェク
  • Ș ș ‐ 下付コンマ
  • Ȿ ȿ ‐ SWASH TAIL
  • ʂ ‐ フック
  • ᵴ ‐ MIDDLE TILDE
  • ᶊ ‐ PALATAL HOOK
  • Ṡ ṡ ‐ 上付ドット
  • Ṣ ṣ ‐ 下付ドット
  • Ꞩ ꞩ ‐ 斜線

ダイアクリティカルマーク×2

  • Ṥ ṥ ‐ アキュートアクセントと上付ドット
  • Ṧ ṧ ‐ キャロン/ハーチェクと上付ドット
  • Ṩ ṩ ‐ 下付ドットと上付ドット

その他

  • ẛ ‐ LONG S 上付ドット
  • ẜ ‐ LONG S 斜線
  • ẝ ‐ LONG S 上付ストローク
  • ₛ ‐ SUBSCRIPT
  • ꜱ ‐ 小書き
  • Ꞅ ꞅ ‐ インシュラー
  • 🄢 ⒮ ‐ 括弧文字
  • Ⓢ ⓢ ‐ 丸文字
  • 🅂 ‐ 囲み
  • 🅢 ‐ 反転丸文字
  • 🆂 ‐ 反転囲み

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club