通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

天文学

辞書:科学用語の基礎知識 天文学編 (UAST)
読み:てんもんがく
外語:astronomy 英語 , αστρονομια ギリシャ語 , astronomi/o エスペラント
品詞:名詞
2006/08/26 更新

天体宇宙に関する現象や法則を研究する、自然科学の学問の一つ。

目次

古来より、洋の東西を問わず発達した学問である。現在使われているも、こういった天文学の賜物といえる。

人工衛星や探査機といった新しい技術による観測手段が登場してから、この学問は急速な発展を遂げることとなった。また、数式展開やシミュレーションなどを中心とした理論天体物理学なども、天文学各分野の方向性を示すものとして盛んである。

今の社会の基礎であり科学技術の根幹に関わる時間という基礎単位を正確に決定し、維持しているのは他ならぬ天文学である。地球の経度0°の子午線が旧グリニッジ天文台を通るのも、この地球の開拓を支えたのが他ならぬ天文学であり、古代の科学文化技術を創造したのも天文学に他ならないからなのである。

化学は、その対象とするものや、手法により、様々に分けられている。

関連する用語
天文
天文学者
人工衛星

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club