通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

高温超伝導

辞書:科学用語の基礎知識 素粒子・用語編 (NPARTY)
読み:こうおんちょうでんどう
外語:high-temperature superconductivity 英語
品詞:名詞

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

(それまでと比較し)高温で行なう超伝導のこと。液体窒素温度(〜77[K])で起こる超伝導のことをいう。

それまでは液体ヘリウムを使った超低温(約3[K])でしかできなかった超伝導だが、それよりも高温である液体窒素での超伝導が可能となったことから、高温超伝導と呼ばれる。高温とはいっても、最高温度の77[K]でも摂氏で−196.15[℃]に相当するので、普通の人間の感覚では相変わらず超低温であることに違いはない。

液体窒素は安価な上に扱いも容易である。1980年代にこの反応は発見されたが、今なおその発現機構は完全には解明されていない。

関連する用語
超伝導
二硼化マグネシウム

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club