通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

Athlon 64 X2

辞書:科学用語の基礎知識 中央演算処理装置商品名x86編 (INCPU86)
読み:アスロンろくじゅうよん・エフエックス
外語:Athlon 64 FX 英語
品詞:商品名
2006/06/05 作成
2007/06/14 更新

デュアルコアタイプのAthlon 64

但し、2007(平成19)年からはブランド名が変更となった。メインストリーム向けは「Phenom X2」、低消費電力用途向けが「Athlon X2」となっている。

1チップ内に二つのプロセッサーコアを搭載した製品。x86系プロセッサーとしては、Intelよりも先んじて「真のオンダイ・デュアルコア」を実現させた。

大きく、Socket 939タイプとSocket AM2タイプがある。

性能

  • AMD64テクノロジ
  • AMD Digital Media XPress
  • SDRAMアンバッファードDIMM対応
  • HyperTransport 3.0
    • 16レーン、2GHz、最大8Gバイト/秒
    • プロセッサー-システム間総バンド幅(HyperTransportバス+メモリーバス)は、Socket 939タイプで14.4Gバイト/秒、Socket AM2タイプで20.8Gバイト/秒
  • オンチップキャッシュ
    • 1次命令キャッシュ64Kiバイト (コアあたり)
    • 1次データキャッシュ64Kiバイト (コアあたり)
    • 2次キャッシュ1Miバイト (コアあたり)
  • Cool'n'Quiet (静穏化、消費電力の削減)

ソケット

メーカー
AMD
採用技術
AMD64
関連する技術用語
Socket 939
Socket AM2
関連製品
Athlon 64
Athlon 64 FX

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club