通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

Athlon 64 FX

辞書:科学用語の基礎知識 中央演算処理装置商品名x86編 (INCPU86)
読み:アスロンろくじゅうよん・エフエックス
外語:Athlon 64 FX 英語
品詞:商品名
2006/06/05 更新

Athlon 64のハイグレード版。

性能

まずOpteronのSocket 940に対応した製品として登場した。その後Socket 939対応品も登場し、やがてSocket AM2に対応するようになった。

パワーユーザーなどを対象としたAthlon 64シリーズ最上位の製品と位置付けられ、バンド幅6.4Gバイト/秒のDDR400(Registeredタイプ)対応128ビットメモリーコントローラーを搭載し、高いパフォーマンスが確保された。その他、2次キャッシュ容量が1Miバイト、HyperTransportのバンド幅が12.8Gバイト/秒などとなっている。

その後Athlon 64自体の高性能化に伴い64と64 FXの境界が曖昧になってしまった(2次キャッシュ1MiバイトのAthlon 64の登場など)が、Socket 939環境に於いては、原則として2次キャッシュ1Miバイト搭載品はAthlon 64 FXとなり、512Kiバイト搭載製品がAthlon 64となることになった。

姉妹品、後継品

姉妹品にAthlon 64がある。プラットフォームはOpteronと同様にSocket 940Socket 939で、デュアルチャンネル対応などの機能を持つ。

2003(平成15)年9月23日にAthlon 64と同時発表され、最初の製品Athlon 64 FX-51は動作速度2.2GHzであった。

用語の所属
AMD
FX
採用技術
AMD64
関連する技術用語
ClawHammer
Socket 939
Socket 940
関連製品
Athlon 64
Opteron

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club