通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

Opteron

辞書:科学用語の基礎知識 中央演算処理装置商品名x86編 (INCPU86)
読み:オプテロン
読み:オプティオン
外語:Opteron 英語
品詞:商品名
2004/09/09 作成
2014/01/29 更新

AMDの、サーバー/ワークステーション向けのハイエンドCPUのシリーズ名。

元々は、AMD64技術を用い、サーバー/ワークステーション向けCPUとして設計されたCPUである。

最初の製品は開発コードネームSledgeHammerで、2003(平成15)年4月23日に発売開始された。この製品はAthlon MPの後継CPUで、当時の同等の製品でコンシューマー向けCPUはAthlon 64だった。

その後も、サーバー/ワークステーション向けCPUとして、ブランド名が継承されている。

アメリカでは、Opteronをスーパーコンピューターにも用いている。

SledgeHammer (K8)

2003(平成15)年4月にリリースされた最初のモデル。130nmプロセスだった。

Athlon MPの後継として登場したSledgeHammerファミリー中の高性能タイプで、高速バスHyperTransportでプロセッサー間を接続することで4〜8プロセッサー構成のマルチプロセッサーを構築でき、ハイエンド・サーバーへの利用を想定していた。

コンシューマー向けのAthlon 64との大きな違いは使用できるメモリーの種類とマルチプロセッサー対応で、Opteronはコンシューマーが使わない高級メモリーであるRDIMM(Registered DIMM)に対応した。

WindowsはWindows Server 2003以降で64ビット動作に対応している。

Athens/Troy/Venus (K8)

2005(平成17)年2月にリリースされた。90nmプロセスだった。

HyperTransportが1GHzに高速化され、SSE3に対応した。

3グレードでコードネームが異なり、8xx番台がAthens、2xx番台がTroy、1xx番台がVenusだった。

Egypt/Italy/Denmark (K8)

2005(平成17)年5月に、Athens/Troy/Venus相当のコアを2つ搭載するデュアルコアCPUとして登場した。

同様に3グレードでコードネームが異なり、8xx番台がEgypt、2xx番台がItaly、1xx番台がDenmarkだった。

現役の国名でこのようなグレード分けをするのは、それぞれの国に対して失礼ではなかろうか。

Santa Rosa/Santa Ana (K8)

2006(平成18)年8月にリリースされた。モデルナンバーは4桁となった。

Socket F(Socket L1)

グレードでコードネームが異なり、82xx番台と22xx番台がSanta Rosa、12xx番台がSanta Anaだった。

Opteronは、この世代から仮想化技術「AMD Virtualization」に対応した。

Budapest/Barcelona (K10)

2007(平成19)年9月にリリースされた。Opteronとして初のK10である。

この世代から、ネイティブクアッドコアとなった。

初回ロットに不具合があり回収になるなどの騒ぎがあった。

Suzuka/Shanghai (K10)

2008(平成20)年11月にリリースされた。L3キャッシュが増えている。

Istanbul (K10)

2009(平成21)年6月にリリースされた。シリーズ初のネイティブ6コアの製品。

Magny-Cours (K10)

2010(平成22)年3月にリリースされた。Socket G34を採用した。このソケットは、後のBulldozer用としても最高グレード用のソケットである。

6コアの製品がある。

Lisbon (K10)

2010(平成22)年6月にリリースされた。Socket C32を採用した。このソケットは、後のBulldozer用としてもハイエンド用のソケットである。

6コアの製品と、4コアの製品がある。

Interlagos/Valencia (Bulldozer)

2011(平成23)年11月に発表され、2012(平成24)年3月に発売された。シリーズ初のBulldozerアーキテクチャー製品。Socket AM3+を採用している。

今後の製品展開は不明だが、最初に登場したのは、8コアでTDP65Wという省電力タイプのOpteron 3280HEだった。

Kyoto

Opteron Xとしてリリースされた製品。

最初にリリースされたモデルは、GPU内蔵の「X2150 APU」と、CPUのみの「X1150 CPU」の2モデルである。

Seattle

2014(平成26)年1月28日(米国時間)に発表された、シリーズとしてもAMD社としても初の、ARMアーキテクチャのハイエンドプロセッサーである。

「Opteron A1100」は、64ビットプロセッサーARMv8を採用したスモールコアサーバー向けのSoCで、4コアまたは8コアのARM Cortex-A57プロセッサーコアを用いている。

用語の所属
AMD
関連する用語
AMD64
HyperTransport

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club