通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

SledgeHammer

辞書:科学用語の基礎知識 中央演算処理装置商品名x86編 (INCPU86)
読み:スレッジハマー
外語:SledgeHammer 英語
品詞:固有名詞
2004/02/18 作成
2013/03/09 更新

AMDのサーバー/ワークステーション向けのハイエンドCPUである、初代Opteronの開発コードネーム。

AMD64技術を採用した最初の製品であり、Opteronである。

AMDの第8世代x86互換プロセッサー(K8系)であるHammerシリーズのうちの高機能タイプで、サーバー/ワークステーション向けとして作られた。

SOI技術を用い、130nmプロセスルールで製造された。

語源は、鍛冶屋が両手で使うような巨大なハンマーから。

仕様

Hammerシリーズのうち、ClawHammerのHyperTransportのリンクが1本なのに対し、SledgeHammerは3本のリンクを持っている。

AMD64

読み込まれた命令はx86デコーダーで解読され、独自のAMD64 ISA命令に変換する。これがAMD64の特徴である。

SledgeHammerは内部がVLIWであり、変換後の命令は最大3個をVLIWにパックし、AMD64 ISAデコーダーでマイクロコードに変換、これが整数スケジューラ(8エントリ)または浮動小数点スケジューラ(36エントリ)に渡され実行される。

つまり、x86命令→AMD64 ISA命令→マイクロコードと途中2段階のデコードをすることでx86アーキテクチャーとの互換性を実現している。

後継

後継コアはAthens(アテネ)である。

用語の所属
AMD
K8系
関連する用語
Opteron
Athens

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club