通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

DSP

辞書:科学用語の基礎知識 電子部品編 (NELECP)
読み:ディーエスピー
外語:DSP: Digital Signal Processor 英語
品詞:名詞
1997/08/04 作成
2008/09/17 更新

プログラミングにより任意の処理を行なわせることが可能な、ディジタル信号処理専用の半導体のこと。

目次

ディジタル信号処理、特にディジタルフィルターでは、乗算を多用する。

そこで、DSPは乗算を1クロックで処理する高速乗算器を持ち、更に結果を累積加算する積和演算を行なうために乗算器と並列動作可能な加算器やALU(演算処理装置)を搭載する。

また、汎用のマイクロプロセッサーと比較し、ビットシフトなどの処理が豊富なものが多く、桁合わせなどが高速に行なえる。このため、飽和演算積和演算といった演算を大の得意とする。

DSPは様々な用途がある。

例えば、U.S.Robotics(現3Com)社はDSPを利用して高性能なモデムを作り上げた。後のADSLモデムもDSPで作られているものが多いようである。

また、携帯電話やPHSなども、音声処理部分ではDSPないし相当のプロセッサーが用いられている。

用語の所属
半導体
関連する用語
FFT
飽和演算
積和演算
関連する技術
U.S.Robotics
ディジタル

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club