通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

EDO

辞書:科学用語の基礎知識 電子用語編 (NELECY)
読み:イーディーオウ
外語:EDO: Extended Data Output 英語
品詞:名詞

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

DRAMのメモリーアクセスの一方式。高速ページモード(FPM) を改良し、高速なアクセスを可能にしたもの。

通常、メモリーにアクセスする場合は最初にアクセスする "行" が選択され次に "列" が選択されるが、同じ行が連続する場合、この "行" の指定を省略する方式が従来のFPMである。しかしFPMでも "列" の指定は必要であるため、これが高速化できればアクセス自体も高速化できることになる。しかし通常は "列" の指定が終了するとデータ出力も終了してしまうので、あまり指定を高速化するとデータが受け取れなくなる。EDO DRAMはこの点を改良し、"列" の指定が終了してもデータを受け取れるようにしたものである。

関連する用語
DRAM
FPM
データ
出力
EDO DRAM

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club