通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

EDO DRAM

辞書:科学用語の基礎知識 電子部品編 (NELECP)
読み:イーディーオウ・ディーラム
外語:EDO DRAM: Extended Data Output DRAM 英語
品詞:名詞
2006/07/05 更新

次に読む場所を覚えて置くことで、若干のスピードアップを計ったDRAMのこと。

FPM(FastPage Mode)と呼ばれる通常のDRAMよりも高速でありながら、値段が殆ど変わらなかったため、爆発的に普及した。

DRAMは、次にアクセスするアドレスを速く指定できれば、それだけアクセススピードは向上するが、あまり速くしすぎるとデータの読み出しが不安定になってしまう。

EDO DRAMでは、アドレス指定を速くしてもデータの読み出しを安定してできるように改良されている。

転送速度は、32ビットアクセスで最大200Mバイト/秒(173Mバイト/cBeat)程度。

愛称で「江戸(えど)ディーラム」とも呼ばれる。

関連する用語
DRAM
FPM
データ
ビット
EDO

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club