通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

Intel Core M

辞書:科学用語の基礎知識 中央演算処理装置商品名x86編 (INCPU86)
読み:インテル・コア・エム
外語:Intel Core M 英語
品詞:商品名
2014/06/10 作成
2015/06/15 更新

IntelIA-32アーキテクチャーのうち、モバイル向けマイクロプロセッサーのブランド名。

ファンレスで使用することを想定した、モバイル向けのプロセッサーである。

Intelは、パソコン向けの製品が年々規模縮小していることもあり、ARMアーキテクチャに完敗したモバイル向け製品の分野でも主導権を奪いたい考えである。

コアのベースは、Haswellマイクロアーキテクチャーの後期モデルであるBroadwellであり、最新の高性能コアを用いてCoreとしての性能を保ちながら、性能と低消費電力の両立を目指している。

発表まで

最初にCore Mが紹介されたのはCOMPUTEX TAIPEI 2014で、この時はPGAソケットのモバイル向け製品(開発コードネームBroadwell-M)であり、2014(平成26)年後半に出荷開始予定と発表した。

正式発表は2014(平成26)年9月、ドイツで開催されたディジタル家電展示会IFAにおいてであり、この時はBGAの製品(開発コードネームBroadwell-Y)のうち3種類のSKUが発表された。

最初の製品のCPUコア、Broadwell-Yは最先端の14nmプロセスルールで製造される。トランジスタ数は13億、ダイサイズは82mm²、TDPは4.5Wである。

ARMではない

最先端のプロセスルールで製造される、最新の高性能プロセッサーコアBroadwell-Yを用いており、タブレット/超薄型ノートPC向けとして開発されている。

OSはAndroidやWindows系OSが可能。

現時点では、ARM以外のCPUはたとえAndroidが動作したとしても、性能以前にARMではないという一点のみで訴求力がないという非常に困った状態だが、Core Mもそのような製品の一つである。ARMでなくても良いのであれば、日本のSuperHなども多少は日の目を見ても良かったはずである。

CPUコア

製品

  • Broadwell-Y
    • Core M(vPro)
      • 5Y71 (Turbo時2.9GHz/4MB/HD 5300(GT2)) TDP 4.5W/1.2GHz
      • 5Y70 (Turbo時2.6GHz/4MB/HD 5300(GT2)) TDP 4.5W/1.1GHz
    • Core M
      • 5Y51 (Turbo時2.6GHz/4MB/HD 5300(GT2)) TDP 4.5W/1.1GHz
      • 5Y31 (Turbo時2.4GHz/4MB/HD 5300(GT2)) TDP 4.5W/900MHz
      • 5Y10c (Turbo時2.0GHz/4MB/HD 5300(GT2)) TDP 4.5W/800MHz
      • 5Y10a (Turbo時2.0GHz/4MB/HD 5300(GT2)) TDP 4.5W/800MHz
      • 5Y10 (Turbo時2.0GHz/4MB/HD 5300(GT2)) TDP 4.5W/800MHz
用語の所属
Intel
IA-32
Broadwell
関連する用語
Android

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club