通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

M105

辞書:科学用語の基礎知識 天文学天体名編 (USTLN)
読み:エムひゃくご
読み:メシエひゃくご
外語:M105 英語
品詞:固有名詞

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

しし座に見られる銀河。楕円銀河。M96群に所属する。

別名NGC 3379、UGC 5902、MCG+02-28-011、PGC 32256。

位置は2000年分点で赤経10h 47m 49.50s、赤緯+12°34′56.9s。実視等級10.24等。銀経233.5°、銀緯+57.6°。距離は約3,800万光年。実視寸法5.4×4.8′。タイプE1。

HST(ハッブル宇宙望遠鏡)による観測により、この銀河の中心部に太陽の5,000万倍もの質量の天体が存在していることが判明した。超巨大ブラックホールであると考えられている。

1781年3月24日(安永10年2月30日)にメシアンによって発見された。本来のメシエカタログには記載されていない天体であるが、メシエが存在を知っていたことが明らかであるということから、メシエ天体に加えられた。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club