通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

M66銀河群

辞書:科学用語の基礎知識 天文学天体用語編 (USTLY)
読み:エムろくじゅうろく・ぎんがぐん
読み:メシエろくじゅうろく・ぎんがぐん
外語:M66 Group 英語
品詞:固有名詞
2003/07/12 作成
2020/08/28 更新

地球からみてしし座の頭の後付近方向に存在する銀河群局部超銀河団に属する。NGC 3627銀河群、しし座の三つ子銀河(Leo Triplet)などとも。

基本情報

  • 座標(2000年分点)
    • 赤経: 11h 17m 47.2s (ICRS)(SIMBAD) [可視光]
    • 赤緯: +13°27′07″ (ICRS)(SIMBAD) [可視光]
    • 銀経: 240.2859° (SIMBAD)
    • 銀緯: +64.2083° (SIMBAD)
  • 所属
  • 距離
    • 約3,500万光年
    • 赤方偏移: z=0.002207
      • 光が届くまでの時間: 約0.31億年 (z=0.002207から計算)
      • 実際の距離: 約0.31億光年 (z=0.002207から計算)

物理的情報

  • 銀河数: 不明

観測情報

  • 視直径: (該当資料なし)
  • 視線速度(RV)=後退速度
    • 661km/s(571.1km/cBeat) (SIMBAD)
    • みかけの後退速度: 660.91km/s(571.0km/cBeat) (z=0.002207から計算)
    • 実際の後退速度: 661.56km/s(571.6km/cBeat) (z=0.002207から計算)

主なカタログ番号

  • LGG 231

所属銀河

  • M65(NGC 3623)
  • M66(NGC 3627)
  • NGC 3628

以下を含める説がある。

  • NGC 3593

観測

三つの目立つ渦巻き銀河があることから「しし座の三つ子銀河」とも呼ばれる。この他に、小さな銀河が幾つか含まれるとする説もある。

物理的にこの至近に、M96銀河群が存在する。この二つの銀河群は、実際にはより大きな銀河群のそれぞれの部分である可能性もある。

関連するリンク
NAME NGC 3627 Group -- Group of Galaxies @ SIMBAD
用語の所属
宇宙
銀河群
局部超銀河団
関連する用語
M96銀河群

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club