通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

局部超銀河団

辞書:科学用語の基礎知識 天文学天体用語編 (USTLY)
読み:きょくぶ・ちょうぎんがだん
外語:Local Supercluster 英語
品詞:固有名詞
2002/10/12 作成
2014/07/26 更新

銀河系の属する局部銀河群が属する超銀河団のこと。局所超銀河団、おとめ座超銀河団とも呼ばれる。

  • 直径: 約1億光年
  • 銀河団/群数: 約100

距離

おとめ座銀河団を中心に、薄い円盤部と、これを取り巻いてハロー状に広がる直径約1億光年の超銀河団で、銀河系の属する局部銀河群はこの超銀河団の一員である。

地球から観測すると、おとめ座おおぐま座にかけ、帯状に銀河が集中している。そしてこの帯は、全天を巡り扁平な大集団を構成し、その中心がおとめ座銀河団付近にあるように見える。ここから、局部超銀河団の存在が発見されたのである。

そして、局部超銀河団はケンタウルス座の方向に運動をしており、この重力の中心はグレート・アトラクターと呼ばれている。

所属銀河群、団

局部超銀河団における代表的な銀河群は次の通りである。

名前銀河座標視直径視線速度距離所属する主な銀河(NGC)
銀経°銀緯°°km/s万光年
局部銀河群      
ちょうこくしつ座群5−8025×20245700253、55、300、247、7793、45
M81群142+4140×2022012003031、2403、3034、4236、2976
りょうけん座Ⅰ群162+8028×143611600473642584826、4449、4214
ケンタウルス座A/M83群310+2030×‐315140052365128、4945、5102、5068
M101群102+6023×165112200545751945055、5195、5585
しし座銀河群241+647×461527003627、3628、3623、3489、3593
りょうけん座Ⅱ群138+7522×1268730004631、4490、3675、4656、4051
かみのけ座Ⅰ群198+8611×5103145004725、4559、4565、4414、4494
くじら座Ⅰ群178−5612×9135059001068、936、1084、1087、1055
おとめ座銀河団    600045944472448644064649

理科年表には、ケンタウルス座A/M83群はNGC5128群、しし座銀河群はM66群として記載されている。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club