通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

超銀河団

辞書:科学用語の基礎知識 天文学天体用語編 (USTLY)
読み:ちょうぎんがだん
外語:supercluster of galaxies 英語
品詞:名詞
2002/10/12 作成
2009/06/18 更新

銀河団銀河群が集まって作られた、1億光年を超える大規模構造のこと。

数十〜数百の銀河団を含み、直径は数億光年(50Mpc程度)にも達する。

銀河系から1億光年以内にある銀河は、観測により薄い円盤部と、それを取り巻くハローからなることが分かっており、これを「局部超銀河団」と呼ぶ。銀河系は、この超銀河団に属している。

宇宙の大規模構造

逆に、1億光年以上の規模に渡って殆ど銀河ない領域をボイド(超空洞)と呼ぶ。

超銀河団同士を繋ぐ「フィラメント」やボイドなどから、宇宙の大規模構造が作られている。

このような大規模構造は、観測により25億光年彼方まで、あまねく存在することが確認されている。

重力

銀河団や銀河群を集中させるためには、相応の重力の中心が必要である。

例えば「局部超銀河団」は、全てケンタウルス座の方向に運動をしており、この重力の中心はグレート・アトラクターと呼ばれている。

主な超銀河団

超銀河団として同定されている主なもの。所属する代表銀河団を併記する。

  • 局部超銀河団
  • かみのけ座超銀河団
  • ヘルクレス座超銀河団
    • ヘルクレス座銀河団 (Abell 2151)
  • ペルセウス座・うお座超銀河団
    • ペルセウス座Ⅰ銀河団 (Abell 426)
  • うみへび座・ケンタウルス座超銀河団
    • ケンタウルス座銀河団 (Abell 3526)
    • うみへび座銀河団 (Abell 1060)
    • じょうぎ座銀河団 (Abell 3627)
用語の所属
宇宙
銀河団
関連する用語
グレート・アトラクター
パーセク

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club