通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

局部銀河群

辞書:科学用語の基礎知識 天文学天体用語編 (USTLY)
読み:きょくぶ・ぎんがぐん
外語:Local Group 英語
品詞:固有名詞
2001/04/22 作成
2007/07/14 更新

銀河系が属する銀河群のこと。

半径は約300万光年(1Mpc)である。

我々の銀河系とアンドロメダ銀河(M31)の二銀河を中心に、M32M33、NGC 185、NGC 205、NGC 6822、大小マゼラン雲など30〜40個程度の矮小銀河が存在している。

二大銀河

銀河系と、M31以外は、殆どが恒星が数十万から数百万個しか存在しない「矮小銀河」である。

局部銀河群においては、この二大銀河の重力支配は圧倒的であり、他の矮小銀河はどれも変形し、どちらかの銀河を周回していたり、または吸収されようとしている。

銀河系にしろM31にしろ、既に飲み込まれた矮小銀河も少なからずあることが明らかとなっている。

このため局部銀河群は、大きく二つの副グループ「銀河系副グループ」「アンドロメダ副グループ」に分けられている。

外部からの侵入

元々銀河群にはなかったが、この重力によって引き寄せられ、局部銀河群の一員となった矮小銀河もある。

2006(平成18)年10月に発見されたアンドロメダⅫ(And XII)がそれであり、現在は局部銀河群に属しながら、銀河系やM31の影響をまだ殆ど受けていないと考えられている。

周辺

局部銀河群(Local Group)
局部銀河群(Local Group)

近傍におとめ座銀河団があり、これら銀河団や銀河群と共に、局部超銀河団を構成する。

ちなみにアンドロメダ銀河は銀河系の倍程度の大きさがあり、さらに両者は接近し続けている。30億年後には二つの銀河は衝突して融合すると考えられている。

局部銀河群に所属する、既知の主な銀河は次の通り。

距離は原則として太陽からである。銀河系中心(バルジ)ではない。

名前位置 (J2000.0)銀河座標距離(万ly)
赤経赤緯銀経°銀緯°
銀河系     
おおいぬ座矮小銀河07h 12.6m−27°40′  3
いて座矮小楕円銀河(SagDEG)   5.6−14.17
おおぐま座Ⅱ  152.5+37.410
かみのけ座矮小銀河  241.9+83.614
大マゼラン雲(LMC)05h 23.6m−69°45′280.5−32.916
小マゼラン雲(SMC)00h 52.7m−72°50′302.8−44.320
うしかい座矮小銀河  358.0+69.619
こぐま座矮小銀河15h 08.8m+67°12′105.0+44.822
ちょうこくしつ座矮小銀河01h 00.0m−33°42′287.5−83.226
りゅう座矮小銀河17h 20.0m+57°55′ 86.4+34.727
ろくぶんぎ座矮小銀河  243.4+42.228
おおぐま座Ⅰ  159.4+54.432
りゅうこつ座矮小銀河06h 41.6m−50°58′260.1−22.233
ろ座矮小銀河02h 39.9m−34°31′237.1−65.745
ヘルクレス座矮小銀河   28.7+36.946
りょうけん座Ⅱ  113.6+82.749
しし座Ⅳ(Leo Ⅳ)  265.4+56.552
しし座Ⅱ矮小銀河(Leo Ⅱ)11h 13.5m+22°10′220.2+67.267
りょうけん座Ⅰ   74.3+79.872
しし座Ⅰ矮小銀河(Leo Ⅰ)10h 08.5m+12°18′226.0+49.182
しし座T (Leo T)  214.9+43.7136
おうおう座矮小銀河  272.2−68.9145
NGC 682219h 44.9m−14°48′ 25.3−18.4152
NGC 18500h 39.0m+48°20′120.8−14.5201
アンドロメダⅡ  128.9−29.2216
しし座A矮小不規則銀河(Leo A)  196.9+52.4225
IC161301h 04.8m+02°07′129.8−60.6236
アンドロメダⅩ  125.8−18.0229
NGC 14700h 33.2m+48°30′119.8−14.3237
アンドロメダⅢ  119.3−26.2245
アンドロメダⅦ(Cas dSph)  109.5−10.0247
くじら座矮小銀河  101.4−72.8248
アンドロメダⅨ  123.2−19.7250
アンドロメダⅠ  121.7−24.9252
うお座矮小銀河  126.8−40.9252
アンドロメダⅤ  126.2−15.1256
アンドロメダ銀河(M31)00h 42.7m+41°16′121.2−21.6256
アンドロメダⅪ  121.7−29.1256
アンドロメダⅫ  122.0−28.5256
アンドロメダXIII  123.0−29.9256
アンドロメダⅥ(Peg dSph)  106.1−36.3260
M32(NGC 221)00h 42.7m+40°52′121.2−22.0263
M110(NGC 205)00h 40.4m+41°41′120.7−21.7269
IC10  119.0−03.3269
M33(NGC 598)01h 33.9m+30°39′133.6−31.3274
きょしちょう座矮小銀河  322.9−47.4287
ペガスス座矮小銀河  94.8−43.5300
WLM (UA444)00h 01.9m−15°27′75.9−73.6302
みずがめ座矮小銀河  34.0−31.3335
いて座矮小不規則銀河
(SagDIG)
  21.1−16.3346
ポンプ座矮小銀河  263.1+22.3403
NGC 3109  262.1+23.1408
ろくぶんぎ座A  246.2+39.9435
ろくぶんぎ座B  233.2+43.8439

距離等不明なものは次の通り。

  • アンドロメダⅣ
  • アンドロメダⅧ (270万光年?)
用語の所属
局部超銀河団
周辺の銀河群・銀河団
おとめ座銀河団
所属する天体等
銀河系
アンドロメダ銀河
M32
M33
大マゼラン雲
小マゼラン雲
関連する用語
銀河群
銀河団
矮小銀河

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club