通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

PETSAT

辞書:科学用語の基礎知識 天文学人工衛星編 (USATE)
読み:ペットサット
外語:PETSAT: Panel ExTension SATellite 英語
品詞:固有名詞
2004/01/01 作成
2009/01/23 更新

パネル展開型多目的衛星。

まいど1号」を計画した東大阪宇宙開発協同組合(SOHLA)と、東京大学大学院の中須賀真一助教授(航空宇宙工学)の研究グループなどが組んで開発を目指している多目的超小型衛星である。

PETSATの実験機は二機あり、SOHLA-1、SOHLA-2と呼ばれる。このうち、最初に成功した衛星に「まいど1号」の名が与えられる、とした。いずれも、雷雲の観測を行なう計画である。

この二機の実績を元に、雷雲観測以外にも使える、汎用小型衛星PETSATの実用化を目指す。

仕様

CPU太陽電池、制御機器などを組みこんだパネルを標準化し、必要に応じて組み合わせて用いる。パネル1枚は30cm〜50cm四方、厚さは3cm〜5cm、重さは3kg程度となる。

小型衛星の開発費は通常数十億円規模となるが、PETSATなら最低5000万円程度から開発が可能で、打ち上げ費用含めて最低1億円程度から実現可能となる見込みである。

大阪府東大阪市の中小企業グループは、PETSATのうち、カギとなるパネル同士の接続部の構造、および素材に関する技術開発を行なう。

SOHLA-1

PETSAT研究開発における、1号機の開発コードが「SOHLA-1」である。

実際に製造し、宇宙空間で実証実験を行なう。

2009(平成21)年1月23日、打ち上げに成功した。

SOHLA-2

PETSAT研究開発における、2号機の開発コードが「SOHLA-2」である。

SOHLA-1の実績を元に、PETSATが目標とするものを形とする、発展形の実験衛星。

関連するリンク
東大阪宇宙開発協同組合
関連する用語
まいど1号

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.02 (21-Aug-2018)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club