通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

cgs単位系

辞書:科学用語の基礎知識 科学編 (NSCI)
読み:スィージーエスたんいけい
外語:cgs: Centimeter-gram-second system of units 英語
品詞:名詞
2010/07/03 作成
2013/07/25 更新

長さ・重量時間の基本単位にcm・g・sを用いる単位系のこと。

目次

既に古い単位系である。

国際単位系への単位統一の影響で、廃止の憂き目にあった。ガウスのように、惜しまれつつも消えてゆく単位が多数存在している。

cgs単位系の主な単位は、以下の通り。

物理量名称記号SIによる定義
長さセンチメートルCentimetercm0.01m
質量グラムgramg0.001kg
時間secondss
温度摂氏Centigrade+273.15K
ダインdynedyng·cm/s2 = 10−5N
エネルギーエルグergergg·cm2/s2 = 10−7J
仕事率・工率エルグ毎秒erg/serg/sg·cm2/s3 = 10−7W
圧力バリbaryeBa、b0.1Pa
加速度ガルGalGal0.01m/s2
粘度ポアズpoiseP1dyn·s/cm2=0.1Pa·s
動粘度ストークスstokesSt10−4m2/s
磁界エルステッドØrstedOe(1000/4π)A/m
磁束マックスウェルmaxwellMxG·cm2 = 10−8Wb
磁束密度ガウスgaussG10−4T
起磁力ギルバートgillbert  
用語の所属
単位系
関連する用語
MKS単位系
MKSA単位系
国際単位系
ヤードポンド法

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club