通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

カーネルパニック

辞書:電算用語の基礎知識 計算機OS機能編 (TCOS)
読み:カーネルパニック
外語:KP: Kernel Panic 英語
品詞:名詞
2001/05/28 作成
2013/05/23 更新

オペレーティングシステム(OS)のカーネル内部で、何らかの理由により致命的な問題が生じ、正常状態への復旧が不可能となること。システムクラッシュ。略して「KP」。

オペレーティングシステムでは様々なエラーが生じる。アプリケーションエラーなど目に見えるものから、目に見えないシステム深部でのエラーまで多岐にわたり、うちカーネルパニックはシステム深部で生じるエラーである。

システムそのものに支障をきたしていることから、こうなるとシステムは停止し、通常は再起動以外に対処不可能である。

発生後

UNIXでは、"PANIC:"(UnixWare)、"panic"(FreeBSD)などと画面に表示され、障害部分のダンプが表示される。

Microsoft Windowsではいわゆる青画面、9以前のMac OSでは爆弾マークがこれに該当する。

原因

Androidなどを除いた一般的なUNIXシステムでは、ハードウェア障害などが主な原因で、長く運用していても、なかなか見る機会に恵まれない。但し、妙なドライバーを使った時にはドライバーが原因でパニックが発生することがある。

Windowsや、かつてのMac OSではソフトウェアによる問題で容易に発生し、見たことが無い人の方が珍しいほど度々目にするものである。

なお、必ずしもCPU上で動作するOSのカーネル自体の問題だけでなく、マルチプロセッサーシステムの場合は他のプロセッサーがクラッシュした影響がCPUに波及し、カーネルパニックに至ることもある。

サンプル

UnixWareでのカーネルパニックで、コンソールへ出力される内容の例。

PANIC: address fault from interrupt routine; kernel address 0xCBFA1000

Processor registers:
 eip=C0896103
 eax=CBF9E224 ebx=00000000 ecx=3FFFF309 edx=01000000
 esi=C7C0A3DC edi=CBFA1000 ebp=FFFF9A3C esp=FFFE5A34

DEBUGGER:
   eax:CBF9E224 ebx:       0 ecx:3FFFF309 edx: 1000000 efl:   10202
   esi:C7C0A3DC edi:CBFA1000 esp:FFFE5B38 ebp:FFFF9A3C  regset:  0
bcopy 13:       repz movsl (%esi),(%edi)
kdb>>

設定により、パニック発生後にカーネルデバッガー(kdb)を起動することができる。

用語の所属
KP
関連する用語
カーネル
青画面

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club