通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

キャプチャー

辞書:電算用語の基礎知識 計算機技術用語 (TCYOGO)
読み:キャプチャー
外語:capture 英語
品詞:さ変名詞
1999/05/03 作成
2009/12/16 更新

音声や動画などを、電子計算機データとして取り込むこと。英語の原義では「捕獲すること」。

目次

電子計算機の画面に表示される映像情報を、データ化することを特にキャプチャーという。このためのソフトウェアをキャプチャーソフトウェアという。

単にキャプチャーと言う場合は、スクリーンキャプチャーや静止画キャプチャーを指す場合が多い。

動画の取り込みも単にキャプチャーと呼ぶことはあるが、敢えて呼び分ける時には動画のキャプチャーを「ビデオキャプチャー」という。

Microsoft Windowsの場合、標準機能として画面のキャプチャー機能が搭載されている。

PrintScreen・SysRqキーを単に押す(PrintScreenキー)と全画面、Altキーと共に押す(SysRqキー)と現在フォーカスのあるウィンドウを、それぞれクリップボードにコピーできる。

キーを押さねばならないという弱点があり、これを回避するためにマウスだけでキャプチャーできるようにしたソフトウェアなども様々に作られている。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club