通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

PrintScreenキー

辞書:電算用語の基礎知識 計算機入力装置編 (TCPERII)
読み:プリント・スクリーン・キー
外語:PrintScreen 英語
品詞:固有名詞
2004/08/02 作成
2008/07/18 更新

ファンクションキーの一つ。画面の印刷を想定して作られたキー

画面印刷をしたいときに押すことが想定されていたが、現在ではほぼ、そのような使われ方はしていない。

PrintScreenキー
PrintScreenキー

DOS

PC DOSMS-DOSなどの環境で、かつ画面モードがCGAまたはCGA互換のテクストモード(80桁×25行)時にこのキーを押すと、画面のハードコピーを印刷することができた。

なお、VGAであってもグラフィックモードではBIOSが対応していないため使用できない。

またDOS環境であっても、いわゆるDOS/VはVGAのグラフィックモードなので、この場合も利用できない。

Windows

DOSが退いた後、現在のMicrosoft Windows環境では、画面全体のキャプチャー画像をクリップボードにコピーする(スクリーンショットをとる)キーとして利用されている。

従って、Windows環境で画面ダンプをするためには、次の手順が必要である。

  1. PrintScreenキーを押して画面をコピー
  2. ペイントなどを起動し内容をペースト
  3. それを印刷

このため現在では「Copy Screen」などと呼んだ方が適切なキーに思えるが、元々の起源・機能は、確かに「Print」を目的としていたのである。

また、PC/AT互換機ではAltキーと共に押すことでSysRqキーとなり、現在アクティブなウィンドウのキャプチャー画像をクリップボードにコピーすることが出来る。

PC-9801での代用

PC-9800シリーズのキーボードには、相当するキーがない。

Microsoft Windowsでは、このキーを「COPYキー」で代用した。

ちなみにCOPYキーもPrintScreenキーと同じ機能を持ったキーで、画面のハードコピーを印刷するために使われていた。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club