通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

Altキー

辞書:電算用語の基礎知識 計算機入力装置編 (TCPERII)
読み:オルトキー
外語:Alt key: Alternate key 英語
品詞:固有名詞
2001/01/17 作成
2013/07/11 更新

PC/AT互換機キーボードに存在するファンクションキーの一つ。他のキーと用いることで、別の機能として使うための修飾キー

このキーは、キートップに書かれた文字以外の機能を実現するために利用される。

つまり、このキーと共に他のキーを押すと、通常の機能とは別の機能(つまりalternate)を使用することが出来る。これが、Altキーという名の由来である。

Altキー
Altキー

キートップのAltの文字は緑で書かれるが、現在の廉価な製品ではコスト削減のため黒で書かれていることもある。

これは、他にキーサイドに緑で書かれたものと対応しており、Altキーとそのキーを押せば、キーサイドに緑で書かれた機能が利用できることを表わしている。

由来

IBM PCのAltキーは、MITで使われたSpace-cadet keyboardにあったMetaキーの影響を受けているとされる。

キートップに書かれていない特殊な文字の入力に使われるために用意された。

文字入力

Altキーを押しながら、テンキーで1桁から3桁の10進(32から255まで)で文字コードを入力し、Altキーを離すと、その文字コードに対応する文字が入力される。

このとき使用される文字集合は、入力先のアプリケーションが使用している文字のコードページに依存する。言語や使用するアプリケーションによるが、基本はISO/IEC 8859-1の上位集合であるWindows-1252で、言語に応じた改変が加えられるようである。

あるWindows 7の日本語環境の場合、次のようになっていた。

  • 0x80〜0xA0(128〜160) ‐ Windows-1252相当
  • 0xA1〜0xDF(161〜223) ‐ Windows-932相当(シフトJIS半角カナ)
  • 0xE0〜0xFF(224〜255) ‐ Windows-1252相当

例えばAltを押しながら「0128」をタイプすると、€記号であるU+20ACがアプリケーションに渡される。受け取るソフトウェアにより、「128」だとU+0080で「0128」だとU+20ACのように動作が変わる。

キーの組み合わせ

Altは、元々のIBM PC/AT互換機用のキーボードでは緑色で書かれており、Altと共に押して機能するキーもまた緑色で書かれていた。

日本語キーボードでも当初のOADG109キーボードでは緑色で記載していたが、コスト削減のため現在使われているOADG109Aキーボードでは色の指定はない。

OADGの日本語キーボードでは、以下のキーコンビネーションが存在する。

GUIでの利用例

MS-DOSのDOSSHELLやMicrosoft Windowsなどでは、メニューやボタンの後に(F)や(E)といった文字が付いている(日本語版の場合。英語版は例えばEditの頭のEに下線が付く)。

そしてAltキーと共にそのキーを押すと、そのメニューを選択したり、ボタンを押したのと同じ動作をするインターフェイスが提供されている。

しかしこれは本来Altキーが想定した機能ではないので、名前と動作がうまく合っていない。

PC-9801での代用

PC-9800シリーズのキーボードには、相当するキーがない。

Microsoft Windowsでは、このキーを「GRPHキー」で代用した。Altキーとはそもそも使い道が全く違うキーだったが、もはやGRPHキーが本来の用途で使われることは無いであろうこと、たまたま同じ位置にあったこと、などから代用されることになったらしい。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club