通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

GRPHキー

辞書:電算用語の基礎知識 計算機入力装置編 (TCPERII)
読み:グラフキー
外語:GRPH key 英語
品詞:固有名詞
2013/07/10 作成

古典的な日本語キーボードに存在したファンクションキーの一つ。機種ごとに相違があるが、特殊な記号や罫線素片などの入力に用いられた修飾キー。「GRPH」「GRAPH」などと書かれたキーをいう。

8ビットMPUの時代、いわゆる半角カナを含むJIS X 0201が一般的に使われており、殆どの機種で、空き領域に独自の記号を追加していた。

具体的には、文字コードとして0x80〜0x9Fの制御文字領域と0xE0〜0xFFの未定義領域に、独自の記号や罫線素片、半角ひらがななどを追加する例があった。こういった文字の入力のために使用された。

文字コードとして最上位ビットが1になった文字を入力するという意味では、Metaキーなどに機能が近い。

機種ごとの名称

利用例

PC-8800シリーズPC-9800シリーズのBASIC環境では、GRPHキーを押しながらキーを押すことで、各種の記号入力が可能だった。

MSXも同様である。MSXではGRAPHキーはCHR$(1)に対応し、0x80〜0x9Fにある32種類の文字はCHR$(1)CHR$(64+n)として表現することができた(nは0〜31)。

その後

PC-9800シリーズでも、N88-日本語BASIC(86)いわゆるDISK BASICまでは使用された。しかしMS-DOS版N88-BASIC(86)いわゆるDOS BASIC含むMS-DOS環境ではDISK BASICとは異なりシフトJISを用いており、ゆえに記号や罫線素片と文字コードが重複し従来通りの文字は使用できないこのためGRPHキーも使用されなくなった。

やがて日本でもMicrosoft Windowsと共にPC/AT互換機が普及するようになると、Windowsで必要だったPC/AT互換機独特のAltキーの代わりとしてGRPHキーが使われるようになった。PC-9800シリーズ用USBキーボードをPC/AT互換機で使った場合は、左Altキーに対応する。

用語の所属
キーボード
ファンクションキー
修飾キー
関連する用語
Altキー
Metaキー

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club