通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

クリック

辞書:電算用語の基礎知識 計算機UI用語編 (TCUI)
読み:クリック
外語:click 英語 , klak/i エスペラント
品詞:さ変名詞
2000/09/27 作成
2008/07/18 更新

何かを押したり叩いたりした時の、かちっと鳴る音のこと。派生して、マウスなどのポインティングデバイスでボタンを押すことをこう呼ぶ。

目次

GUIでは、視覚から自然な動作を行なえるよう、画面上の何かを押す作業がよく行なわれる。

このような作業は、大抵「クリック」の一言で片付けられる。

連続して打鍵することで動作の変わる操作ポリシーを採用するユーザーインターフェイスでは、二度連続してクリックすることをダブルクリックと呼び、それに対して普通に一度だけ押すことをシングルクリックと呼ぶ。

ある環境では、一度押す(シングルクリック)で選択、2度連続で押す(ダブルクリック)で実行、という操作ポリシーとなっている。

またある環境では、ポインターを選択可能位置に移動させるだけで選択、シングルクリックで実行というポリシーのものもあり、Webブラウザーではこのような操作方法を採用する場合が多い。

また、Mac OSでは「一回半クリック」(クリック&プレイス)という特殊な操作が存在する。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club