通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

クロスコンパイラー

辞書:電算用語の基礎知識 ソフトカテゴリー編 (PTSOFTC)
読み:クロスコンパイラー
外語:cross compiler 英語
品詞:名詞
2001/01/11 作成
2013/02/24 更新

クロス開発に用いるコンパイラー

目次

他のアーキテクチャー向けの機械語などを出力するコンパイラーである。

使い慣れた環境で、他の目的とする環境向けの開発を行なう場合に使われる。

例えば、SuperHをCPUとする装置を開発すると想定した場合、この装置自身でコーディングからコンパイルまでを行なうのは困難なことが多い。

そこで、一般的なパーソナルコンピューターを用い、SuperH用の機械語を出力するコンパイラーを使って開発を行なう。このとき使われるものがクロスコンパイラーである。

例えばMicrosoft Windowsで動くSuperH用のCクロスコンパイラーとしては、ルネサスの純正品と、イエローソフトの製品が有名で、このほかにGCC for SuperHなどがある。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club