通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

コンパイラー

辞書:電算用語の基礎知識 ソフトカテゴリー編 (PTSOFTC)
読み:コンパイラー
外語:compiler 英語 , 编译程序 大陸簡体 , 編譯程序 台灣正體 , traduk/il/o エスペラント
品詞:名詞
1997/10/15 作成
2013/02/24 更新

高級言語で記述されたプログラミング言語を、機械語、もしくはそれに似た中間言語と呼ばれる形へ変換するソフトウェアのこと。この変換作業はコンパイルと呼ばれる。

C/C++Javaなど、現在の主流はコンパイル式の言語である。

一旦全てを機械語に翻訳するものは、実行速度が速い、実行ファイルサイズを小型化できる、文法ミスがあってもすぐ発見修正できる、など数々の利点がある。逆に難点としては、コンパイルを行なわないと実行できないという手間があげられる。

これに対し、実行のたびにソースコードを解読して実行するものをインタープリターという。

種類

コンパイラーは大きく、セルフコンパイラークロスコンパイラーに分けられる。

また、ネイティブコンパイラーか、それ以外かにも分けられる。

クロス開発

組み込み機器やゲーム機のように、その環境で直接開発することが難しい場合、パーソナルコンピューターなどで開発し、その装置向けの機械語を作ることになる。

このように、他のアーキテクチャー向けの機械語等を出力するコンパイラーを「クロスコンパイラー」という。対してその環境用の機械語を出力するコンパイラーを「セルフコンパイラー」という。

関連ツール

ソフトウェア開発の効率化のため、様々なソフトウェアが開発されてきた。

コンパイラーと併用されるソフトウェアや各種機能に、次のようなものがある。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club