通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

JITコンパイラー

辞書:電算用語の基礎知識 ソフトカテゴリー編 (PTSOFTC)
読み:ジャストインタイム・コンパイラー
外語:JIT Compiler: Just In Time Compiler 英語
品詞:名詞
2000/02/26 作成
2013/02/24 更新

中間言語インタープリター形式のプログラミング言語で用いられる高速化の技法の一つで、あらかじめネイティブなコードに変換して実行するもの。

目次

JVM.NET Frameworkなど仮想計算機(VM)で動作する各種言語では、中間言語を実際に実行する際、あらかじめオペレーティングシステム(OS)のネイティブなコードにコンパイルする。

この時に使われる、中間言語→機械語のコンパイラーが、JITコンパイラーである。

例えば、JavaであればJavaバイトコード.NET Frameworkであれば共通中間言語(CIL)を元に、機械語を作る。

出力されるものは機械語であるため、オペレーティングシステム/CPUが直接実行することが可能。このため、仮想計算機で実行するよりも高速化することができる。また、中間言語の汎用性も損なわれない。

プログラムの変換に際して、元の中間言語と変換後のネイティヴコードを格納する必要があり、メモリーを多く必要とするという問題がある。

また、一部のJavaプログラムはJITコンパイラーで正常に稼働しないという問題もある。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club