通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

共通中間言語

辞書:電算用語の基礎知識 プログラミング言語編 (PTPROGN)
読み:きょうつう・ちゅうかんげんご
外語:CIL: Common Intermediate Language 英語
品詞:固有名詞
2009/02/10 作成

.NET Framework仮想計算機の標準仕様「共通言語基盤」(CLI)で使われる中間言語。英名を略して「CIL」と呼ばれる。旧称は「MSIL」。

目次

.NET用のプログラミング言語は、コンパイルするとCILが出力される。

CILはバイナリではなく、実際には「アセンブリ言語」に似た記述を用いたテクストファイルである。これが実行前に仮想計算機によってコンパイルされて実行される。

恒例、CILによる「hello, world」は、次の通りである(.classを使わない場合)。

.assembly hello {}
.assembly extern mscorlib {}
.method static void Main()
{
    .entrypoint
    .maxstack 1
    ldstr "hello, world"
    call void [mscorlib]System.Console::Write(string)
    ret
}

アセンブリ言語であるが、構造化可能なこと、基本がスタック言語であることが特徴といえる。

アセンブラーは、標準的な設定の場合、C:\Windows\Microsoft.NET\Framework\v2.0.50727\ilasm.exeとして存在する。

用語の所属
.NET Framework
関連する用語
共通言語基盤
C#

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club