通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

中間言語インタープリター

辞書:電算用語の基礎知識 ソフトカテゴリー編 (PTSOFTC)
読み:ちゅうかんげんごインタープリター
品詞:名詞
2008/04/17 作成
2009/08/26 更新

インタープリターのうち、中間言語を読み取り、それを実行するもの。

例えば、8ビット時代に使われたMicrosoftのBASICは、入力された時点で中間言語に翻訳されてメモリーに格納され、BASICインタープリターはその中間言語を解読しながら動作している。

これにより、8ビットマイクロプロセッサーで、かつクロック周波数が数MHzという低速な環境でも、実用充分な速度でプログラムを実行させることができた。

また、現在使われているJVM.NET Frameworkも、中間言語インタープリターである。

関連する用語
インタープリター
仮想計算機

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club