通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

サンプリング周波数

辞書:電算用語の基礎知識 ソフト用語編 (PYSOFT)
読み:サンプリングしゅうはすう
外語:sampling freqency 英語
品詞:名詞
1997/12/02 作成
2008/05/08 更新

サンプリングを行なう際の、そのサンプリング間隔のこと。

オーディオ信号やビデオ信号などのように、時間とともに絶えず変化する信号をディジタル信号にする際に、一秒あたりいくつのデータを抽出するか、が音質面や画質面において重要な要素となる。

このとき、例えば秒間44,100回のサンプリングを行なう場合は、このサンプリング周波数は44.1kHzとなる。

また、このサンプリングされたデータを復号する場合は、同じサンプリング周波数で行なう必要がある。

サンプリング周波数と、ディジタル信号で表現可能(変換可能)な最高周波数とは密接な関係がある。

具体的にはサンプリング周波数の半分の周波数までが表現可能で、この周波数をナイキスト周波数と言う。

音楽CD(CD-DA)はサンプリング周波数が44.1kHzだが、つまりこの半分、22.1kHzまでの周波数を記録することが可能ということになる。

主要なサンプリング周波数は、次の通り。

周波数(kHz)用途
8電話(交換機)
32DATBS放送A-Mode
44.1DAT、CD
48DAT、BS放送B-Mode
周波数(MHz)用途
14.31818NTSC映像信号

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club