通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

シェルスクリプト

辞書:電算用語の基礎知識 プログラミング用語編 (PTPROGY)
読み:シェルスクリプト
外語:shell script 英語
品詞:名詞
2001/03/13 作成
2014/10/14 更新

shや派生、およびその拡張版であるbashなどで利用可能なスクリプト

元祖shは、シェルとしての機能が貧弱なことから今どきでは嫌がられるが、そのスクリプト構文は記述力に富んでいる。

このためどんなUNIXやその互換OSにしてもほぼ確実に、多機能なシェルの他にshが存在するか、または多機能なシェルがsh互換機能を備える形で存在しており、UNIXにおける標準的なスクリプトインタープリターとして機能する。

#!

スクリプトファイルは、中にスクリプトを記載したソースファイルではあるが、同時に単なるテクストファイルでもある。

単なるソースファイルに実行権限を付けて実行しても、何もなければ行頭から1行ずつ順番に実行するだけの、ただの「コマンドの羅列」となる。それはシェルスクリプトではない。

シェルスクリプトファイルをシェルスクリプトにするためには、そのファイルを処理するためのインタープリターが何であるかを明確にし、そのインタープリター上で動作させる必要がある。

そこで、1行目に「#!」に続いてインタープリターのフルパスを記述する。この「#!」は、俗に「shebang」(シバン、シェバン)と呼ばれている。

Linuxで一般的なbashを使ったbashスクリプトの場合は、次のようになる。

#!/bin/bash

フルパスは、whichコマンドなどで出てくる。(例: which bash)

#!/bin/shは間違い

よく見られるのは、誤った参考書をそのまま丸写ししたと思われる以下の記述である。

#!/bin/sh

Linuxの場合、/bin/sh は実体がなく、標準では /bin/bash へのシンボリックリンクである。

「#!/bin/sh」と書いてあっても、実際には「/bin/bash」が動作しており、しかも気づかないうちに「/bin/sh」では使用できないコマンドを利用していることも生じている。

実際、「#!/bin/sh」と書かれたbashでしか動作しないシェルスクリプトが、DebianやUbuntuの標準シェルである dash (bashとは異なるash系のシェル)ではことごとく動作しないという問題を生じさせている。

bashを使ったLinux環境でシェルスクリプトを書くのなら、特に理由がないのなら「#!/bin/bash」と書くべきである

LinuxでもUNIXでも、実際に「/bin/sh」で動作させることを前提に記述するのであれば、もちろん「#!/bin/sh」と書いても問題はない。

関連する用語
shebang
シェル
sh
[ (UNIXコマンド)

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club