通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

シェル

辞書:電算用語の基礎知識 サーバー編 (PNSVR)
読み:シェル
外語:shell 英語
品詞:名詞
1997/07/13 作成
2014/02/16 更新

ユーザーが、オペレーティングシステム(OS)に対して対話を行なうために用いるソフトウェアの総称。「OSを覆う殻」の意。

Multicsではじめて導入されUNIXで広められたOS設計で、カーネルなどOSの主機能層と機能的に独立した構造となっているものを指す。

逆に、OSと機能的に分離されてないユーザーインターフェイスは、普通はシェルとは呼ばない。なお、Multicsではシェルはダイナミックライブラリで提供され、UNIX以降では一個のプロセスとして提供されるのが一般的である。

また、シェルとしての本来の機能のほか、スクリプト機能に対応したものもある。UNIXのshではシェルスクリプト、MS-DOS系ではバッチファイルと呼ばれている。

狭義

狭義では、キーボードから文字をタイプして対話するものを指す。

狭義のシェルとしては、次のようなものがある。

  • MS-DOS、Windows 95/98/Me
  • Windows NT/2000/XP/Vista
    • CMD.EXE (コマンドプロンプト、コマンドコンソール)
  • UNIX系OS
    • Bシェル系(Bourneシェル系)
      • sh (Bourne shell)
        • ash
          • dash (Debian Almquist shell)
        • bash (Bourne Again Shell)
      • ksh (Korn shell)
      • zsh (Super Korn shell)
    • Cシェル系

UNIXではshcshなどが多く使われ、またこれらをベースにした、より使いやすい、または多機能なシェルが続々と開発された。これらは命令を逐次実行するため、コマンドインタープリターなどと呼ばれることもある。

広義

広義では、Windowsエクスプローラー、Mac OSのファインダーなどもシェルと呼ばれる。

こういったGUIのものは、区別のためにグラフィカル・シェルともいう。

半可通用語

シェルスクリプトのことを誤ってこう呼ぶ半可通もいる

例: 「定期的にバックアップするシェルを書きたいんですが」

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club