通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

シェル変数

辞書:電算用語の基礎知識 計算機OS機能編 (TCOS)
読み:シェルへんすう
外語:shell variable 英語
品詞:名詞
2013/03/22 作成
2013/03/23 更新

(主としてUNIX用の)シェルが持っている、情報共有の機構の一つ。

現在実行中のシェルだけが持っている変数である。

これに対して環境変数というものもあり、これは新たなシェルを起動したり、コマンドを実行したりした場合(シェルから起動されるプロセス(子プロセス))にも継承される。

シェル変数と環境変数の最大の違いは、その有効範囲である。

現在、UNIXで主流のシェルには、大きくsh/bashなどBシェル系と、csh/tcshなどCシェル系とがあるが、両者で仕様が大きく異なっている。

概念

Bシェル系の場合、シェル変数と環境変数は殆ど一体化しており、シェル変数をエクスポート(外部公開)したものが環境変数となる。

一方、Cシェル系ではシェル変数と環境変数は全く異なるものとして扱っており、変数の設定や削除のコマンドも別に用意されている。

設定方法

取得/設定API

関数などを用いたシェル変数の取得や設定は不可能である。

そもそも、シェル変数のスコープ範囲はそのシェルプロセス内のみであり、環境変数と違って子プロセスにはコピーされない。

従って、シェル変数を参照できるのはシェルと、シェルの内部コマンドのみであり、それ以外のあらゆるプログラムからはシェル変数を参照することが出来ないからである。

シェル

コマンドラインからの操作方法は以下のとおり。変数名はVERであるものとする。

Bシェル系
シェル変数を設定 (変数VERにdataを設定する)
VER=data
シェル変数を環境変数にする
export VER
シェル変数と環境変数を同時設定する
export VER=data
シェル変数(あれば環境変数も)を削除する
unset VER
シェル変数を確認する
set
Cシェル系
シェル変数を設定 (変数VERにdataを設定する)
set VER data
シェル変数を削除
unset VER
シェル変数を確認
set
関連する用語
環境変数
シェル

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club