通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

フォントキャッシュ

辞書:電算用語の基礎知識 計算機OS機能編 (TCOS)
読み:フォントキャッシュ
外語:font cache 英語
品詞:名詞

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

高頻度で利用するフォントデータをあらかじめ展開しておき、すぐ利用できるように保持しておく機構のこと。文字の表示や印刷の高速化のためにOSやプリンターなどで使われている。

例えば、Microsoft Windowsでも基本的な画面表示の高速化のために導入されているが、何らかの拍子にキャッシュ内容が壊れる場合があり、こうなると正常な表示ができなくなる。キャッシュファイルの内容を削除するか、安全を取るならセーフモードで一旦立ち上げ直すことでキャッシュ内容をリセットでき、回復することができる。

キャッシュファイルは、Windows 95/98系なら "\Windows\ttfCache"、Windows 2000なら "\WINNT\system32\FNTCACHE.DAT" である。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club