通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

メモリーマップドI/O

辞書:電算用語の基礎知識 技術演算器編 (TTCPU)
読み:メモリーマップド・アイオウ
外語:memory mapped I/O 英語
品詞:名詞
2001/03/24 作成
2014/10/27 更新

ROMRAMなどと同じメモリー空間I/Oポートを割り振る方法。

目次

過去、I/O専用のアドレス空間(I/Oアドレス空間)を用意するプロセッサーがあったことから、区別のためにこのような呼称が作られた。

ハーバード・アーキテクチャーなどの例外を除いて、殆どのプロセッサーで採用されている方式であり、I/Oアドレス空間を持たないプロセッサーでは唯一のI/Oポートの割り振り方法である。

使用するアドレス空間については、設計によって大きく異なる。

CPU自体がシステムとして持つ場合もあり、この場合はROMやRAMなどの配置の邪魔にならないアドレスに配置される。

例えば、日立のH8はアドレスバスが24ビットなので、0〜0xFFFFFFまでの範囲がメモリー空間となるが、このうちあるモデルのH8でシステムがI/Oポートとして用いているのは0xFFFF1C〜0xFFFFFFの領域である。

用語の所属
I/Oポート
関連する用語
I/OマップドI/O

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club