通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

伽藍形式

辞書:電算用語の基礎知識 プログラミング設計編 (PTPROGE)
読み:がらん・けいしき
外語:cathedral style 英語
品詞:形容動詞,名詞
1999/07/26 作成
2008/05/14 更新

プログラムなどの開発形態の一つ。

目次

例えばプログラミングの場合、天才的な少数のプログラマーたちによる閉じた集団によって開発されるスタイルのこと。

Windowsなどの商業ベースのプログラムの殆どがこの形式で作られるが、あくまで開発スタイルの面から見たプログラム開発モデルであり、商用のソース非公開なソフトウェアの開発モデルを指すわけではない。実際、Muleなどのようにオープンソースであっても主要なGNUプロダクトは伽藍モデルによって開発されている。

命名は、エリック・レイモンド(Eric Steven Raymond)著の論文「伽藍とバザール」による。

なお、伽藍(僧伽藍)とは、僧侶が仏道修行する場所のことである。梵語でsaṃghārāmaと書く。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club