通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

反射型液晶ディスプレイ

辞書:電算用語の基礎知識 計算機出力装置編 (TCPERIO)
読み:はんしゃがたえきしょうディスプレイ
品詞:名詞
2006/09/04 更新

液晶ディスプレイで、液晶裏面側に鏡状の反射層のみを持ち、バックライトなどの光源を持たず、外部の光の反射だけで表示を行なうもの。

初期のものは白黒のSTNやFTN液晶でしか実用化できなかったが、1997(平成9)年にシャープがスーパーモバイル液晶としてカラーTFTでの反射型液晶を実用化した。

反射型液晶を暗闇で利用する場合、外部にライトなどを用意して光を当てるか、液晶正面側にフロントライトを搭載する方法を取る。フロントライトを搭載する場合、液晶と表示面との間にライトを内蔵するスペースが必要になるため、液晶面がやや奥まった場所に位置する場合がある。

関連する用語
液晶
ディスプレイ

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club