通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

拡張領域

辞書:電算用語の基礎知識 技術ディスク・論理編 (TTDISKL)
読み:かくちょうりょういき
外語:extended partition 英語
品詞:名詞
2005/07/08 作成
2008/03/19 更新

マスターブートレコード(MBR)にある4エントリのパーティションテーブルから、拡張されたパーティションのこと。

パーティションタイプが05、0F、85の三種類のパーティションが、一般に拡張領域と呼ばれている。

  • 05 ‐ 拡張パーティション
  • 0F ‐ 拡張パーティション(LBA)
  • 85 ‐ Linux拡張パーティション

将来的には、更に増える可能性もある。

拡張

マスターブートレコードを採用したシステムでは仕様上、4つある基本領域のうち(OSが認識できる範囲で)一つだけを拡張領域として用いることができる。

これは元々4つまでしかパーティションを切ることができなかった仕様の拡張であり、拡張領域を使えば理論上幾つでもパーティションを切ることができる。こうして拡張領域により作られた領域を論理領域と呼ぶ。

拡張領域では、ファイルシステム(FS)は論理領域に置く。

構造

拡張領域は、それ自体が仮想的な一つのボリュームのようになっている。

通常、ディスクの先頭セクターにあるマスターブートレコード(MBR)の代わりに、拡張領域の最初のセクターには拡張パーティションブートレコード(EPBR)がある。その構造はマスターブートレコードと全く同じである。

拡張領域
拡張領域

使用方法

拡張パーティションブートレコードでは、パーティションテーブルは同じく4エントリあるが、このうち最初の二つしか使わない。

一つ目は自分自身が持つ論理領域の情報であり、二番目は次の拡張領域の情報である。

つまり拡張領域は数珠繋ぎに拡張を重ねることが可能で、故に理論上はディスクの容量が許すかぎり幾らでもパーティションを切れるということである。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club