通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

静電容量キーボード

辞書:電算用語の基礎知識 計算機入力装置編 (TCPERII)
読み:せいでんようりょうキーボード
品詞:名詞
2005/10/19 作成
2008/06/02 更新

キーコンデンサーにして、押し下げることによる容量の変化を入力信号とするキーボードメンブレンキーボードの一種。

目次

キーのメカニズム自体は非接触なため、寿命が長い。

また、キーを戻すためのバネの強度に制約がないため、非常に軽いキーを作ることができ、高速打鍵に向く。ただし、高価。

もともとタイプライターを使う習慣のない日本人には、このタイプの軽いキーを好む人が多いようである。

東プレのRealforceシリーズやPFUのHappy Hacking Keyboard Professionalに採用されている。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club