通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

Happy Hacking Keyboard

辞書:電算用語の基礎知識 計算機入力装置編 (TCPERII)
読み:ハッピーハッキングキーボード
外語:HHK: Happy Hacking Keyboard 英語
品詞:商品名
1999/08/29 作成
2008/06/01 更新

パーソナルコンピューターキーボードの一機種。通称HHK。販売元はPFU。その後様々な機種が登場し、シリーズ化された。

初代

初代Happy Hacking Keyboardは、配列は英語101キーボードだが、Windowsキーは元より、BackSpaceキーやファンクションキー、テンキー等の余計な(?)キーが一切無く(!)、省サイズで60キーとなっている。

押下圧が50g(カタログ値)とクリック感は小さく軟らかい印象だが、ペコペコした安っぽさはない。

初代HHK
初代HHK

一部の人にとって使い易いらしい。

しかし普通に文章を打つには困らないが、日本語入力システムでファンクションキーを使ったりするには少々困ると思われる。ちなみにFnキー+数字でファンクションキーになるため、慣れれば問題は無い。CtrlキーがAのすぐ左にあるのも重要ポイント。狭い机で使うには必要最小限のキーボードだろう。

PD-KB02

最初のモデルは、PC/AT互換機またはSPARCのいずれか専用だった。

1997(平成9)年に、ケーブル交換でPC/AT互換機、Macintosh、Sun SPARCに対応できるHappy Hacking Keyboard(型番PD-KB02シリーズ)が登場した。

しかし部品が入手困難になったため、2005(平成17)年12月をもって販売終了となった。

HHK Lite

後にHHK Liteが安価に発売されたが、これは古いタイプのHHKにPC/AT互換機用のケーブルのみ添付したものだった。

HHK Lite
HHK Lite

押下圧が55g(カタログ値)と、初代よりややクリック感が強く、その後は軽い感じである。初代のクリック感が気にっている人には、満足できない感じらしい。後継のHHK Lite2登場に伴い、販売を終了している。

HHK Lite2

最新のHHK Lite2は、PS/2とUSBから選択である。SPARCと旧Macintoshへの対応はなくなった。

配列も、ASCII配列、JIS配列、JIS配列かな無刻印、からの選択で、色も白と黒があり、しめて12モデルが発売されている。価格も8000円弱と比較的安い(?)ので一般人も安心。尤も、一般人がキーボードに8000円出すかは不明ではある。

HHK Professional

上位モデルとしてHHK Professionalがある。

静電容量キーボードなので軽くて静かで高価。限定品で無刻印モデルもある。

HHK Professional 無刻印モデル
HHK Professional 無刻印モデル

関連するリンク
http://www.pfu.co.jp/hhkeyboard/
用語の所属
キーボード
関連する用語
パーソナルコンピューター
PC/AT互換機
Macintosh

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club