通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

BackOrifice

辞書:電算用語の基礎知識 ワーム・ウイルス編 (PNAPLNW)
読み:バックオラフィス
外語:BackOrifice 英語
発音:bæ̀k ɔ́(:)rəfis 英語
品詞:名詞
2006/12/08 更新

Microsoft Windowsの有名なトロイの木馬の一つ。cDc(Cult of the Dead Cow)と称する米国のハッキンググループが開発し、ネット上にて公開した。

目次

このサーバーが何らかの理由でインストールされると、リモートのクライアントからそのマシンを自由に使うことができる。

Orificeはオラフィスまたはオーラフィスと読まれるが、日本ではローマ字読みでオリフィスと呼ばれることも多い。

サーバーは、31337/udpで待機する。

次の機能を持っている。

  • 任意のアプリケーションの起動
  • キー操作の記録
  • コンピューターの再起動
  • コンピューターのロックアップ
  • 任意のファイルの閲覧
  • コンピューターとクライアント間でのファイルの送受信
  • スクリーンセーバーのパスワードの表示
関連する用語
バックドア

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club