通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

CHS

辞書:電算用語の基礎知識 技術ディスク・論理編 (TTDISKL)
読み:スィーエイチエス
外語:CHS: Cylinder Head Sector 英語
品詞:名詞
1999/02/04 作成
2015/02/11 更新

ディスクドライブのセクター位置の指定方式の一つで、シリンダー(C)・ヘッド(H)・セクター(S)という3つの値によりデータの場所を指定する方式のこと。

古いハードディスクドライブは、ディスクドライブのセクターをCHSの三値で指定することを要求する。

またPC/AT互換機の古いディスクBIOSは、BIOSの引数としてCHSの三値を要求し、指定した場所に、読み書きを行なう。

BIOSの仕様では、1024シリンダー×256ヘッド×63セクターが上限で、1セクターが512バイトであるため、約8.4Gバイト(約7.9Giバイト)が上限となる。

一方、ATA(IDE)の仕様では65,536シリンダー×16ヘッド×255セクターが上限で、1セクターが512バイトであるため約137Gバイト(127.5Giバイト)が上限となる。

しかし実際にCHSでアクセスするには全てのパラメーターが制限内に収まっていなければならないため、実際は1024×16ヘッド×63セクターまでしか使うことができず、結果として約528Mバイト(504Miバイト)が限界となる。

 BIOSの上限ATAの上限実際の上限
シリンダー1,02465,5361,024
ヘッド2561616
セクター6325563
容量約8.4Gバイト約137Gバイト約528Mバイト
約7.9Giバイト127.5Giバイト504Miバイト

これ以上の容量のハードディスクへ対応するため、E-IDE以降ではLBAと呼ばれる方法に置き換わった。

用語の所属
BIOS
関連する用語
LBA
ATA
IDE
E-IDE

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club