通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

Ethereal

辞書:電算用語の基礎知識 ローカルアプリ一般編 (PNAPLLI)
読み:イーサリアル
外語:Ethereal 英語
品詞:商品名
2001/08/25 作成
2014/12/23 更新

Ethernetを流れるフレームをモニターするためのツール、プロトコルアナライザーの代表の一つ。

目次

Etherealは、これまでに無数のネットワーク管理者、開発者が、パケットの取得とプロトコル解析のために用いてきた、代表的なソフトウェアである。

しかし、Etherealという名称は、Etherealの作者であり、チーフ開発者のGerald Combsが以前勤めていた米Network Integration Services(NIS)の商標となった。

Etherealの商標の利用について、NISとCombsが合意に至らなかったため、作者たちは新たなプロジェクトを立ち上げた。このため、Etherealは死んだのである。

CombsらによりEtherealのソースコードツリーから分岐したものが「Wireshark」となり、以降はこちらが主力として開発が進められた。問題は商標だけであり、ソースについては特に問題がなかったためである。

Etherealは、2006(平成18)年4月24日に公開されたEthereal 0.99.0が最後となった。

Wiresharkはこの後継としてWireshark 0.99.1から始まり、2008(平成20)年3月31日にWireshark 1.0.0が公開された。

こうして、作者を失ったEtherealは自然消滅した。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club