通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

Wireshark

辞書:電算用語の基礎知識 ローカルアプリ一般編 (PNAPLLI)
読み:ワイヤーシャーク
外語:Wireshark 英語
品詞:固有名詞
2008/04/17 作成
2008/05/08 更新

Ethernetを流れるフレームをモニターするためのツール、プロトコルアナライザーの代表の一つ。

Wiresharkは、Etherealソースコードツリーから分岐して誕生し、GPLでライセンスされている。

Etherealは、これまでに無数のネットワーク管理者、開発者が、パケットの取得とプロトコル解析のために用いてきた、代表的なソフトウェアであった。

しかし、Etherealという名称は、Etherealの作者であり、チーフ開発者のGerald Combsがかつて勤めていた米Network Integration Services(NIS)の商標となった。Etherealの商標の利用について、NISとCombsが合意に至らなかったため、新たにWiresharkの開発が始まり、Etherealの中核開発チームはWiresharkへと移行した。

主要機能

パケットの取得と表示が可能。パケットごとの色分け等も可能で、初期設定でも充分な色分けが設定されている。

一覧画面は基本的には3ペインで、上が取得順にパケットの名称やアドレス等、中央がそのパケットの各ヘッダー等の情報、下がそのパケットの16進ダンプである。これは、同様のプロトコルアナライザーと、あまり変わらない。

フィルター機能も当然搭載されているが、式で入力するスタイルである。自由度は高いが、慣れないと何の設定も出来ない点は弱点である。

バージョン等

Wiresharkは、Etherealの名称が変わっただけのもの、と考えても差し支えは無い。

公開バージョンも、0.99.0までがEtherealで、0.99.1からWiresharkとなっている。つまり、Wiresharkの最初の公開バージョンはWireshark 0.99.1である。

その後も改良が続き、Wireshark 1.0.0は2008(平成20)年3月31日に公開された。

その他

Wiresharkの開発資金はCACE Technologiesが援助している。

また、Wiresharkの商標は作者Gerald Combsが取得しており、二度と同じ問題を起こさないようにした。

関連するリンク
http://www.wireshark.org/
関連する用語
プロトコルアナライザー
Ethereal
Ethernet

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club