通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

プロトコルアナライザー

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術用語編 (CTYOGO)
読み:プロトコルアナライザー
外語:protocol analyzer 英語
品詞:名詞
2001/04/23 作成
2009/12/16 更新

ある通信プロトコル(複数の場合もある)について、その通信量や質などを測定したり解析したりするツール。

通信プロトコルに応じ、様々なものが用いられている。開発等に必要になるため、基本的には殆ど全てのプロトコルに対してプロトコルアナライザーが存在すると考えられる。

一般的なものだけでも、次のようなものが使われる。

以下は、代表的な「LANアナライザー」について述べる。

動作

基本的にはスニファーと同様、プロミスキャスモードを用いてネットワークを流れるパケットを取得する。従って、パケットキャプチャーとしての機能を内蔵しているのが一般的である。

この中から、利用者が見たい(例えば特定のプロトコル、特定のあて先等)ものを、整形して表示するものである。

ISDN用などでは専用機も使われるが、Ethernet用の場合はパーソナルコンピューター用のソフトウェアも一般的であり、フリーソフトウェアからシェアウェア、製品まで様々なものが揃っている。

処理系

Ethernet用として代表的なものは次の通り。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club